断易の組織(基礎理念)

b0139373_22174947.png



























断易で判断に使用する「六十四卦」の組織は周易の六十四卦の形象と名称を襲用し、

これに干支五行を配置したものになります.


干支五行は

これには大元となる「乾()・坤()」が基本となって

各陽卦である 震()/坎()/艮(

各陰卦である 巽()/離()/兌(


の小生八卦すべての「上卦・下卦」に決められた法に則って順序よく割り当てられています.


基本八卦が上下に重って構成された8種類の卦が大本であり、

これを本宮卦(=または純卦)といい、

それぞれ八卦に割り当てられる十二支の定位置となります.



b0139373_22362535.png














小生八卦の上下各爻に以上のように十二支が割り当てられています.



トラックバックURL : https://taichiryu.exblog.jp/tb/28736497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by taichiryu | 2018-10-16 22:19 | 易論 | Trackback | Comments(0)

むずかしいことはやめにしました.本音をつぶやき晒します.


by 易者ヨハネ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28